“地方公務員”の現在(いま)を応援し、そして未来も照らしたい。

“現役地方公務員キャリアコンサルタント、ヒューマンリソースコンサルタント”の澤村一誠です。

いつもお読みいただきありがとうございます。

市役所ではじめて長という係長の職責を担い仕事を依頼するスタッフ2人と関わった時にコーチングに“藁にもすがる思いで”関わりました。そして私に3つの変化が生じました。

2つめの変化は、私がじっくりと話を聴こうとすることで何でも聴いてもらえるという安心感から仕事のこと、上手くいったこと、失敗したこと、プライベートのことなど何でも話してくれるようになりスタッフとの心理的な距離感が近くなったことです。心理的な距離感が近くなりさらに何でも話してくれるようになり好循環が生まれました。  徹底したことは、聴くときにパソコンのキーを叩きながらや資料を見ながらのながらは止めたこと、相手の目をみながら聴く、うなずきながら聴くというながらは実行したこと、座っている相手には座って話を聴くこと、立っている相手には立って話を聴くこと。 一度やってください。きっと変化が生まれます。