いつもをお読みいただきありがとうございます。
関わる人すべての現在(いま)を応援し未来も照らしたい。
現役地方公務員キャリアコンサルタント、ヒューマンリソースコンサルタントの澤村一誠です。

引き続き「ONE ON ONE」シリーズです。

厳密な意味での「ONE ON ONE」は現在のポジションになってから実施しています。この「ONE ON ONE」を非常に大切にしています。
回数は3回、時期は5月、8月、2月です。

ここでは普段課長とじっくりと話す機会がないため不満や不安がここぞとばかり出て来ることもあります。こういったスタッフの生の声に真摯に耳を傾けることが職場環境の改善などにつながります。もちろんできないことはできないとはっきり伝えることも必要です。
時間はスタッフ1人に概ね30分から60分確保します。実施する際は気兼ねなく安心して話をしてもらうため別の部屋を用意するのは当然ですし守秘義務についても伝えます。例えば「ここで話をする内容は上司も含めて一切に外に漏れることはないので安心して話して欲しい」など。

実施目的は、時期によって異なります。
・5月 
官公庁は年度でタスクが動いています。4月に定期人事異動があります。
異動後直ぐは何かとバタバタしますので少し落ち着いた大型連休明けの5月上旬から中旬が1回目です。
この時の目的は、課長と親しくなること。年度が替わって不安な気持ちを聴いてあげること。職場で不満・不便に感じていることを聴いてあげること、年度の目標を決めること。

・8月
8月は官公庁にとって比較的落ち着いた時期です。この時期に2回目を実施します。
この時の目的は5月に決めた年度の目標の進捗状況確認です。状況を聴いたうえで目標を変更する場合もあります。また、5月に聴いた不満、不便に感じていることに対する課長としての対応状況の伝達などです。

・2月
2月も比較的落ち着いた時期です。この時期に3回目(年度最終回)を実施します。
この時の目的は年度の目標の達成状況と労い、翌年度の目標についての課長からのリクエストと本人の意向の確認です。