地方公務員”の現在(いま)を応援し、そして未来も照らしたい。

“現役地方公務員キャリアコンサルタント、ヒューマンリソースコンサルタント”の澤村一誠です。

いつもお読みいただきありがとうございます。

上司との人間関係に悩んでいる私の友人に「この状態を1mmでも改善するとしたら何が出来るだろう」と問いかけてみました。

沈黙、沈黙、沈黙、沈黙・・・・・・・・・・・

そして彼の口から出てきた答えは「共感はするけど同意はしない」でした。

詳細をもう少し掘り下げて聴いてみると彼からはこんな説明がありました。

「俺も上司の意見に対してバイアスがかかっているところがある。その上司に嫌悪感を抱いているので彼の意見に対してニュートラルでないところがあり会議など他の職員がいるところで面と向かって声を荒げて反論したこともある。上司もプライドがあるので部下からそういった対応をされたら不快にもなるし腹も立つだろう。考えてみれば立場も違うし意見が異なるのは当然だ。そこのところを念頭に置きながらもう少し冷静な対応をすれば関係も改善するような気がする。俺も長年その仕事に携わって来たので仕事の内容については十分理解している。譲歩できないところは同意はしないが譲歩できるところは譲歩するようにする。

「共感」はしても「同意」はしない。

なるほど!!! 素晴らしい。彼の上司に彼の言葉を聴かせてやりたいですね。

「共感」と「同意」少し調べてみました。

「共感」は頭ごなしに否定はせず相手の存在を受け入れ尊する。そして相手と異なる自分の考えを躊躇せずに伝えること。

「同意」は内容に賛同すること。

優れたコミュニケーターは「同意」ではなく「共感」を基盤としています。