地方公務員”の現在(いま)を応援し、そして未来も照らしたい。

“現役地方公務員キャリアコンサルタント、ヒューマンリソースコンサルタント”の澤村一誠です。

「どちらとも解釈できる事案でどうすればいいのか迷っています」 知り合いのM君から仕事の悩みの相談を受けました。 M君はとても真摯にそして熱心に仕事に取り組むタイプです。そして課題や懸案事項についても解決するために労を惜しみません。

長く仕事をすればするほど社会経済情勢も変わりますし市民の考え方も変わります。
これまでの考え方を常に検証しその考え方、解釈で相応しいかどうかを考察する。そして時代に合わなくなっていたり修正が必要なら迷わず修正する。素晴らしいです。

今回の相談では彼の発する言葉に全身全霊で耳を傾けました。「毛穴で聴く」というイメージです。そして彼が発した言葉をゆっくり彼に投げ返し、その言葉から私に伝わってくる彼の「怒り」とか「もどかしさ」、「居心地が悪い」といった感情をそのまま言葉にしてみました。

いつもは「どうしたいの」とか「どうありたいの」という問いかけをするのですが今回はそういった問いかけをせずに彼が感じている感情を体験してもらいました。 そしてM君に新たな気づきが生まれ前に進むきっかけになったようです。   「質問するだけがコーチングじゃない」私にも新たな気づきがありました。
M君ありがとう。