地方公務員”の現在(いま)を応援し、そして未来も照らしたい。

“現役地方公務員キャリアコンサルタント、ヒューマンリソースコンサルタント”の澤村一誠です。

今日は私 澤村一誠のやりたいことそして夢をお伝えします。

私は1989年(平成元年)に大学を卒業し約2年9ヶ月奈良県警察官として仕事をしてきました。その後思うところがあり市役所の職員に転職しました。通算して約30年間地方公務員です。

(警察官も市役所の職員も地方公務員です)

治安を維持するという警察官としての仕事のやりがい、そして市民サービスの向上という市役所職員としての仕事のやりがいを強く感じながら多くの悩みや苦しみも経験してきました。

特に市役所の管理職になってからは答えの出ない、また答えがあるかどうかもわからない、あるいは答えを出すのに途方もない時間が必要だと感じる悩みや苦しみにも向き合わなければならないこともありました。

そんなことを振り返りながら改めて感じるのは地方公務員は素晴らしい仕事であること、多くの悩みや苦しみもあるがそれ以上に達成感・やりがいを感じることが出来る仕事であること。

私と同様、現職の地方公務員には地方公務員としての誇りとプライドを持って仕事をして欲しいということ。より多くの人に地方公務員を志して欲しいということ。地方公務員を志している人には地方公務員になるという夢・目標をあきらめないで欲しいということ。

すべての地方公務員を応援したい。地方公務員になりたい人を応援したい。

そんな思いを持ってブログを立ち上げ投稿しています。