いつもお読みいただきありがとうございます。
関わる人すべての現在(いま)を応援し未来も照らしたい。
現役地方公務員キャリアコンサルタント、ヒューマンリソースコンサルタントの澤村一誠です。

先日、超ベテランの講師の方とご一緒する機会がありました。
なんとこの方、講師として登壇された回数が約1,600回、年間100回講演しても16年必要です。
当然ですがこれだけの回数登壇されるのはまぎれもなく本物、その講演の中身も素晴らしいということです。
積極的に営業もされておられずホームページもお持ちではありません。
よくよく聴いてみるとリピート率がほぼ100パーセントのようです。これって凄いと思いませんか?

その秘訣を聴いてみたくなり質問してみました。
「どうしてリピート率がほぼ100パーセントだと思いますか?」
すると返ってきた答えは・・・・
「何度同じ場所で講師をしても何度同じコンテンツで講演しても緊張感を持つこと。目の前の受講者の方に全力を尽くすことですね」
当然と言えば当然、当たり前と言えば当たり前ですが・・・
改めて重く深い言葉だと身に沁みました。

何度も何度も同じコンテンツで登壇講されており準備をしなくても質の高い講演が出来る方なのは間違いありません。
我が身を振り返って日々の仕事に緊張感を持って仕事をしているだろうかと自問自答する良い機会になりました。

もう一つ追加で質問してみました。
「それほどの回数の講演をされていれば緊張はされませんね?」
「緊張はしませんが緊張感を忘れたことはありません」 
愚問でした。アーメン