いつもお読みいただきありがとうございます。
関わる人すべての現在(いま)を応援し未来も照らしたい。
現役地方公務員キャリアコンサルタント、ヒューマンリソースコンサルタントの澤村一誠です。

地方公務員として(前職の警察官も含め)約30年仕事をし、この間、多くのスタッフに支えられて仕事をして来ました。
スタッフとは部下のこと。部下という言葉は大嫌いなのでスタッフと呼びます。
最初に支えてくれるスタッフと仕事をしたのは係長のときです。このとき支えてくれたスタッフは2人です。以降、現在まで一番近いところで支えてくれたスタッフは21人です。
ひとりひとりの顔を改めて思い浮かべながら頼りになったスタッフの共通点をお伝えすると・・・
・締め切りの期限は必ず守る。
・一心不乱に仕事をする。
・依頼内容に疑問点があれば必ず確認してくる。
・途中経過の報告がある。
・改善点の提案がある。
・とにかく自分でなんとかしようとする。
・痒いところに手が届く。
・誤りを素直に認める。
・言い訳をしない。
・腰が軽い。
・温厚で穏やかだが必要なことは口にする。
・部下から慕われている。頼りにされている。
・上司に変な気を遣わせない。
・一を聴いて十を知ろうとする。
・友達のような感覚がある。
私も組織では誰かの部下でもあります。改めて自分を振り返る良い機会となりました。
次回は、頼りにならなかったスタッフについてお伝えします。